スポンサーリンク

アマゾンでよく売れている本「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書について調べてまとめています。

東大読書とはどんな本なの?価格は?

発売わずか1カ月たらずで10万部を突破した今話題の本です。

内容としては
「仕事」にも「勉強」にも「読書嫌い」にも効くと大好評! !
「こんな読み方、あったんだ」

マネをするだけで、誰でも以下のようなことができるようになるようです。

1.速く読める
2.内容を忘れない
3.応用できる

東大生は、そのような実践的な読書術を自然と習得していたことがわかりました。

この本を読んでコツをつかめばあなたも同じことができるようになるかもしれません。

今話題の「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書をぜひ読んでみてください。

価格は1512円です。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書に対するみなさんの口コミまとめ

A さん
仮説、取材、整理、検証、議論。5つの読み方を駆使しながら読書することは、情報を知識に変える。
この過程が、読む力と地頭力を鍛えてくれる。
そして何より、ただ文字列をたどるだけの受動的な読書ではなく、こちらから著者に何かを投げかけ、アウトプットする姿勢で、読書することこそが、最も重要なポイントである。
B さん
本の知識を習得するためのノウハウが記載されている。
その本を読んで要約して伝えられないのは理解していないことと同じ。
だからこの本で能動的に読むコツを習得しようという話。

これまでの読書は受動的で記憶が曖昧なことが多く課題に感じていた。
そして解決できないまま現在に至っていた。
本書では自分の課題を浮き彫りにしてくれただけでなく、その解決策も丁寧に説明されており非常に有用だと感じた。
まずは事前準備を習慣化するところから始めようと思う。

C さん
自分の読書の仕方と根本的に違っていた
一冊の本から学ぼうとする姿勢が違う
D さん
私のこれまでの読書は、情報を詰め込むといった受動的なものでした。本当にためになる読書は、主導的に、そして、日常生活で活かさないと意味のないものになることを強く実感しました。
E さん
読書が好きでいろんな本を読むものの、その時は感動してもあとになると「どんな話だったかな…」と内容をよく覚えていないことが多いので、「記憶に残る読書術」を知りたくて購入しました。これまでは本に書いてある内容をひたすら自分が受け取るだけの一方通行的な読書でしたが、これからは記者の目線をもって攻めの姿勢で読んでいきたいと思います。また、内容を要約しながら読む、最後は本の帯の文を考えて、一文で内容を表すというやり方は、自分の記憶の中に本の内容を残すとてもいいやり方だと思いました。
F さん
この本のやり方を試すと、全然先に進めない。
でも、得られる知識は前とは比べものにならないくらいに多くなった。
G さん
読書の効果を高めるメソッドが、「東大」をキーワードに、東大生の習慣や東大入試に求められる力などを織り交ぜ、紹介された一冊です。
確かに書中のメソッドを実践すると、一定の効果が得られるのだろうとは感じます。しかし全て実践した暁に、おそらくあなたの本は付箋に埋もれることになるでしょう。もしくはメソッドに則って丁寧に読書した結果、中々読み進められず、煩わしくなって遂には読了できない、なんてことになるかも。
まあ律儀に正面から読み込むより、頭のストレッチのつもりで何かヒントを得ようと読み流すと良いのでは。私は次の読書から実践したいと思えるメソッドを一つ見つけられました。
ですがやはり、読書へのハードルが更に上がってしまう顛末も予想されつつ、結局のところ深刻に「読み方」を考えるより「読む楽しさ」を重視する方が良い、と主張するのは傲慢でしょうか。
何が言いたいかというと、現代文の勉強をする前に、高校1.2年生にお勧めしたい一冊ですかね。
H さん
私は現在たくさんの本を読み漁っている。
我武者羅に本を読んだらいいのかといったら
それは非効率だ。
 
根本的な本の読み方を知っておけば、
未来で”本の読み方から知ればよかったー”って
事がなくなると思っている。
 
後悔している未来が、
今ここ。

<この本を読んで学べること>
・速く読める
・内容を忘れない
・応用できる
・読む力と地頭力が身につく
 
という内容だった。
 
 
<まとめ>
身についたもの
・読解力
・論理的思考力
・要約力
・客観的思考力
・応用力
  
これについて紐解いていこう
・読解力
これは本のカバーや帯がとても大事という事だ。
そこを見るだけで、この本を読んだら何がわかるという事。
 
お客さんはこのメッセージで、手に取るか手に取らないか。
言ってしまえば、自分にとって必要なものか必要ではないかとわかれる。
 
また本を読むうえで重要なのは、
目標/目標までの道筋/スタート地点を認識するという事だ。
 
目標:この本を読んで何を知る事が出来るのか。
目標までの道筋:どうしたらそれを学ぶことが出来るのか。
スタート地点:現在の私がその分野にどれだけ知っているのか。
 
ここを理解しないといけない。
難しすぎたら優しい本から始めればいいだけだし、
意識をしながら全体図をイメージしながら読むことが大切だ。

・論理的思考力
本を読むときに対話をしよう。
文中に書かれていることをただ読むだけではなく、
インタビュワーになった気持ちで読む。
 
「えぇーなんでそう思うの?」
「その根拠は?」
という風に自分なりに考えてみる。
その答えが本に書いてなかったら他の本を読んでみる。

・要約力
まとめる力。
この本を読んで”一言で説明”できるかどうか。 
長々しく説明は出来るけれど、
短文でわかりやすく説明するのは理解していないとできない。
帯のように、簡潔にまとめることの重要差。
 
・客観的思考力
2冊同時に本を読む。
多面的発想で、Aさんは〇〇と言っているけれど、
BさんはXXと言っている。
共通部分はなんのか、相反する部分は何なのかを考える。 
また、どこで意見が分かれていたのか。
クロスしている部分を解き明かす。 

・応用力
読んだ感想をアウトプットする。
きっと今自分が記事に書いているようなこともそうだろう。
人に説明をしたりすることによって忘れない頭脳にする。
 
端的にいうと、
こんな事を学べる本だ。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事