スポンサーリンク

「野沢雅子 1993年」というキーワードがとても気になったので何かあるのかなと思ってヤフーで実際に検索してみました。

するとあることがわかりました。

野沢雅子さんは1993年に「ドラゴンボールZ 超武闘伝」というゲームソフトにおいて、初めて野沢さんが演じる孫悟空のキャラクターボイスを採用したそうです。

このソフトはもちろんヒットしましたし、その後のドラゴンボールシリーズのゲームソフトもしっかりと売れています。

しかも1993年のゲームソフト販売から、2016年発売のPlayStation®4用ソフトウェア『ドラゴンボール ゼノバース2』まで、23年218日という、「Longest time in the same videogame role」(ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優)と「Longest-serving videogame voice actor」(ビデオゲームの声優として活動した最も長い期間)の2項目でギネス記録に認定されました。

これは本当にすごいことですね。

「野沢雅子 1993年」という年はこのギネス認定のゲームソフトで野沢雅子さんの声が採用された初めの都市ということなんですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事