スポンサーリンク

奈良岡朋子さんの名前がトレンドに上がっていたので気になって調べてまとめてみました。

奈良岡朋子さんのwikiとプロフィール情報

スポンサーリンク

奈良岡朋子(ならおか ともこ)
1929年12月1日生まれ
東京出身
東京都立白鴎高等学校
青森県立弘前中央高等学校卒
女子美術大学卒
1948年民衆芸術劇場付属俳優養成所1期生 舞台デビュー
1950年劇団民藝創設
1954年『煉瓦女工』で初主演
1992年紫綬褒章を受章

奈良岡朋子さんの学生時代はまだ戦争が行われていました。

奈良岡朋子さんが当時通っていた学校が戦闘機を作るための工場になりました。

奈良岡朋子さんもその工場で仕事をすることになったそうです。

その頃はそのようなことが当たり前のように行われていた時代でした。

戦争が激しくなってくると奈良岡朋子さんは青森に疎開することになります。

戦争が終結してから奈良岡朋子さんは元の東京に戻って女子美術大学に入学しています。

その学生時代に女子美術大学卒は演劇部に入ります。

その後に女優の道に進んでいくことになります。

ちなみに洋画の吹き替えもやっています。

有名女優の声を担当しています。

奈良岡朋子さんの声の質はとてもよく往年の有名女優さんの声の吹き替えにぴったりです。

奈良岡朋子さんは演技だけでなく声優としてのスキルも並外れたものがあります。

朗読でも有名です。

スポンサーリンク

奈良岡朋子さんの出身高校・大学について

東京都立白鴎高等学校

青森県立弘前中央高等学校卒

女子美術大学卒

になります。

奈良岡朋子さんの交友歴について

奈良岡朋子さんほどの芸能歴があればかなりその交友関係も広いのだろうなと思ってはいたのですが、想像以上でした。

・故大滝秀治さん、民藝の第一期生同士

・故石原裕次郎が最も尊敬していた女優

・故美空ひばりの親友で、和枝(ひばりさんの本名)と呼ぶ仲

・故田宮二郎は実姉の様に慕い、奈良岡朋子さんに遺書を残した

・故池内淳子とは大親友

・吉永小百合さんの結婚式の介添人をつとめた

・故高倉健は毎年、奈良岡さんの父母の命日に線香を持ってきてくれた仲

・大竹しのぶを養女にしようと思っていた

・故三國連太郎さんとは、映画「釣りバカ日誌」で20年来の夫婦役

・故森光子さんの葬儀では、弔辞を寄せるほどの仲

・黒柳徹子さんとは同期

上げたらきりがないですね。

女優歴65年以上というのはやはりすごいですね。

スポンサーリンク

奈良岡朋子さんに対するみなさんの印象

A さん
奈良岡朋子さん(88)の凛とした姿がとても素敵に見える。
B さん
あなたは監督をしていて俳優がどんな気持ちでこの科白を言うのか考えたことはないんですか。まったく、僕は気持ちよりアクションや形を考える。テレビは気持ち芝居なんだ。僕の役者としての欠陥は奈良岡朋子さんにも言われた。あなたは白か黒かの割り切り方で、真ん中がないんですね。
C さん
仲代達矢さんと奈良岡朋子さん(二人が共演した舞台版「ドライビング・ミス・デイジー」を観ています)は80過ぎの特別ですけど、山下達郎・竹内まりや夫妻も還暦超えましたね。
D さん
余談ですが…奈良岡朋子さんは、太陽にほえろ!Part2で係長役をされていましたね。 ボスを14年演じた石原裕次郎さんが療養のため降板するにあたり、次の係長には尊敬する大先輩の奈良岡朋子さんにお願いしたいとの意向を示したそうです。
E さん
1945年3月10日未明の東京大空襲の最中、実際にバケツリレーで消火作業にあたっていた著名人といえば、 女優の奈良岡朋子さん ですね。 ご本人のインタビューによれば、本郷の自宅に落ちた焼夷弾の火を何とか消し止めたそうです。
F さん
会社のそばの、昔ながらの喫茶店。逆に潔くて気持がいい。僕は吸わないが…。昨日、番組の打合せでお会いした奈良岡朋子さん(88歳!)も、スパスパ吸っていらっしゃった
G さん
『縮図』に医者役で清水将夫が、端役に奈良岡朋子と佐野浅夫が出て来て、まんま『ありがとう』ではないかとw 『ありがとう』の頃にはこうした演技陣がテレビドラマに出てたんだなあ。
H さん
三姉妹。有吉佐和子さんの「三婆(三益愛子 田中絹代 木暮実千代)」を頂点に 橋田壽賀子さんの「おんなの家(杉村春子 山岡久乃 奈良岡朋子)に三谷幸喜さんの「やっぱり猫が好き(もたいまさこ 室井滋 小林聡美)」などなど 作者と役者の格付けが気になるところですね。
I さん
「ボス」と聞いて「太陽にほえろ!Part2」の奈良岡朋子を思い浮かべる人は…そうは居ないなw
J さん
奈良岡朋子ウィッグ
画像引用元:https://tsunebo.com/naraoka-tomoko
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事