動物

日本原産スピッツという名の名犬!知られざる歴史や特徴と性格!

皆さんは日本スピッツというワンちゃんをご存知ですか??

意外と知られていないのですが、日本原産のワンちゃんで海外で大人気なんだとか!

そんな日本の犬種である日本スピッツの歴史、特徴、性格についてお伝えします。

 

日本スピッツについて

日本スピッツの特徴

原産地:日本

原地名:日本スピッツ Nihon Supittsu

体 高:オスが30〜38cm、メスはやや小さい

カラー:純白

 

白くてふわふわなコートにつぶらな黒い瞳、そして黒く縁取られた口角が表情を豊かに見せ、とても魅力的ですね。

 

日本スピッツの性格

性格は賢く、明るい性格をしています。

飼い主の気持ちを読み取ることができ、フレンドリーなんです。

対応能力も高く、新しい環境にもすぐに馴染むことができます。

 

日本スピッツの歴史


1920年頃、シベリア大陸を経由し、中国地方から日本にやってきた大型の白いジャーマン・スピッツが、日本スピッツの祖先だと言われています!

1925年にカナダから輸入された2組の白いスピッツや、1936年にアメリカ、カナダ、オーストラリア、中国から輸入された犬などの子孫により繁殖が行われ、1948年、ジャパン・ケネル・クラブによりスタンダードが確立されました。

日本スピッツは日本より海外であるイギリス、フィンランド、スウェーデンなどのほうが人気のある犬種となっています!

 

1973年に日本スピッツを輸入したスウェーデンは、ヨーロッパで初めて日本スピッツを輸入した国とされています。

戦後の日本では人気な犬種であった日本スピッツは、1950年代後半、年間の登録数は約5000頭にもなっていました!

しかし現在、日本ではあまり見なくなりました、、、

その理由は、よく吠えるということで、人気は無くなってしまいます、、、

 

しかし吠えるのは外で飼っていたからだったのだと最近になり分かってきています!

海外では室内で犬を飼う習慣が早くからあったこともあり、日本スピッツはそれほど吠えることもなく、そして明るく賢い性格であったために人気が出たようです。

まとめ

いかがでしたか??

日本で有名なのは柴犬ですが、じつは日本スピッツという白くてモフモフなワンちゃんもまた日本原産で海外で大人気なワンちゃんがいたんです!

どっちかというと欧州っぽい気品さがあるワンちゃんですが、日本が誇れるスピッツ!!

お散歩で見かけたら嬉しいな~

よく吠えると間違った認識をされたスピッツが再び日本で人気になることを願っています(^^)/

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

関連記事

この記事へのコメントはありません。