動物

札幌一軒家で猫238匹保護!悲しい猫ちゃんに愛の手を!

5月20日衝撃的なニュースが発表された。

一軒家に猫が238匹放置されたというものだ。

 


札幌市北区の一軒家で保護された猫=3月(ニャン友ねっとわーく北海道

ニュースの内容によると、、、

札幌市北区の一軒家に住んでいた50代の夫婦が住んでいました。

しかし、家賃滞納を理由に大家が訪れたところ、大量に猫がいたため、明け渡しを求め提訴。

そして夫婦は2020年3月末に退去した。

 

しかし、猫は恐らく放置されようだ、、、

許せません、、、

ペットブリーダーという仕事をしていたんだと思うが、それが崩壊したんだろう、、、

しかし、200匹以上を生み出した命はどう責任を取るつもりだろうか。

 

しかも、2階には、猫の骨が大量に散らばっていたようです、、、

写真の猫ちゃんを見ると、毛並みは綺麗で汚れもなく、極端に痩せてもなさそうなので、お世話はしていたように見えますが、まともな飼育環境ではなかったと考察できます。

 

と、怒りはここまでにして、今日お伝えしたいことはこれではありません。

譲渡会がすでに開かれています。

ホームページを見るとまだ引取りを待っている猫ちゃんがいます。

もちろん、その他で保護された猫や犬も多くいます。

 

今日はこのニュースなので、新しい家族を待っている猫ちゃん達をご紹介します↓↓

写真:札幌市譲渡可能猫情報より

まだ多くの猫ちゃんが幸せな生活を求めて、待っています。

家族になってくれる人を探すために、このサイトを通して、情報拡散できたらと思います。

3歳から5歳くらいの猫ちゃん達で、人には慣れているようです。

今回保護された猫ちゃんに限らず、あらたな家族を求めている子たちに幸せになってほしい。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。