動物

小型犬と暮らすにはどれくらいかかる?必ず知っていて欲しいこと!

新型コロナウィルスの影響で、自粛生活に伴い、犬や猫などのペットを家族に向かえ入れる方が増えています。

もしこれから検討している方には特に知っていてほしい現実として、愛犬が安全に健やかに暮らすためにはどれくらいのお金が必要かということです。

一度ペットを飼ったものの、お金や手間が原因で放棄する方が多いのも事実です、、、

 

2018年4月~2019年3月の1年間で、5,995頭の成犬と、1,692頭の子犬が殺処分されています、、、

昭和に比べるとその数は大幅に減少しているものの、やはり多くの命は失われています。

この理由は、「犬や猫を捨てる飼い主」や、「迷子にしたまま探そうとしない飼い主」がいるからです。

 

けれど誰もが捨てる前提で飼い始めた方はいないと思います。

実際に一緒に暮らさないと、ペットのことは何もわかりません。

暮らし始めは楽しいけれど、時間が経てばお世話が面倒になることもあるでしょう。

でもそこには人間と同じ命が存在しているのです。

こういった放棄する飼い主さんの事情はあるかもしれませんが、命を引き取ったら、生涯その命を大切にし添い遂げる覚悟が必要です。

とは言え、より多くのペットちゃんが家族に迎え入れられることを願っています。

これからワンちゃんと暮らそうか検討している方へ、今日はその必要なお金についてみていきましょう。

犬が元気に暮らすためのお金の話し

飼い主さんは、毎日のお散歩やブラッシング、ごはんやトイレ掃除まで、いろんなお世話があります。

飼い主さんの多くは、ある程度楽しくやっているご家庭が多いのではないでしょうか。

このお世話とは別にお金もかかりますので参考になれば嬉しいです。

今回は小型犬を想像して書いています!!

 

絶対必要なこと

①ごはん代:年間約4万円

そこそこのドッグフード1.5kgを1か月で完食した計算です。

 

②トリミング(カット):年間およそ15万円

これは飼い主さんの好みでかなり左右されます。

この値段は月1回1万円弱かかると計算しています。

ワンちゃんの種類によっては、2か月に1回でも大丈夫なこともありますが、今回は結構お手入れした場合になります。

 

③健康管理:年間約6万円

健康に節約はできませんよね、、、

ノミとダニの駆虫薬は毎月必要になってきます。

ノミなどは目に見えないので、放置しておくと、皮膚に異常がでたりしてしまいます。

 

また5月から12月まではフィラリアもあわせて駆除できるお薬を与えます。

食べるタイプ(チュアブル)で、ノミ・ダニ駆除で2000円弱で、フィラリア駆除で2000円程になります。

年間だと約2万5000円ほどになります。

またフィラリア駆虫薬を与える前には、毎年フィラリア抗原検査(血液検査)が必要ですが、これに3000円弱必要です。

 

狂犬病ワクチンは、法律によって年1回の接種が義務付けられ、3500円ほどです。

 

その他の感染症予防接種(〇種混合ワクチンなど)は、もろもろ9000円ほどかかってきます。

 

ここまでが必ず必要になってくるお金です。

年間25万円、1か月2万円ほどの出費になります。

ただトリミングで大きく変わってくるので、もっと抑えることも可能です。

とくに、プードルちゃんあたりがまめにトリミングが必要になります。

またノミ・ダニの駆虫薬を液状タイプのものにすれば、その費用も半分ほどで済みます。

その他できればやってほしい検査や買っておきたいもの

①健康診断:年間1回でおよそ2万円

病気の早期発見には、年に1回は健康診断を受けることをおすすめします。

 

②おやつとおもちゃ:年間2万円程

これも飼い主さんによって大幅に変わってきますが、おもちゃはトレーニングにも、飼い主さんとのよいコミュニケーションの場に必要です。

ストレス発散にもいい運動ができます!!

 

おやつはできるだけ添加物の無いものを選ぶと良いでしょう~

しつけを心掛けるなら良くできた時のご褒美として必要になります。

 

③リード、ハーネスなど:年間1万円ほど

リードなどは長期的に使えますが、1年で取り換えてもよいでしょう!!

カラーを変えるとお散歩の気分転換にもなります(*^^)v

またこれとは別に、広いところで、思いっきり走れる伸びるタイプのリードもいいですよ!!

 

④洋服:年間2万円

これは意外かもしれませんが結構必要だと思います。

冬は寒がりなので、部屋着やお散歩用のダウンベストなど!

また可愛いからという理由で結構買ってしますものです(*^^)v

その他、雨の日のお散歩用のカッパなども必要になってきます。

 

⑤病気

ワンちゃんがもし病気になった時は、とてもお金がかかります。

私の経験だと、毎月6万円ほど数か月必要になったこともあります。

やっぱりここが大きいですね、、、

どれだけ対策しても病気になる時はあるので、その時のための貯金は必要です。

まとめ

いかがでしたか?

少なくとも毎月2万円前後必要かなと思います。

飼い主さんによって、洋服やトリミングで大きく変わってきますが、ご飯代だけでは済まないということがわかります。

また病気になれば、数十万はすぐに必要になったりするので、しっかり対策しておくことが大切です。

少し暗い話になりましたが、これからペットちゃんをわが家に迎え入れる方はご参考にしてくださいね(*^^)v

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

関連記事

この記事へのコメントはありません。