動物

山奥で森の精霊となったファービー!いつから何故ここにいるのか謎すぎる!

それはある一枚の写真を撮ったのが始まりであった!

何年、何十年の間もの間、人知れずひっそりと、時を刻み続けた、一つの小さなぬいぐるみの話しである。

ある一枚の写真がツイッターに載せられた!

それは、「採石場跡地の入口に、道祖神と化した「ファービー」がいた――」

という内容であった、、、

ファービーとはなんなのかわかりますか??

ファービーとは1999年にアメリカから日本に上陸したふわふわのボディに大きな耳、鳥のようなくちばしをしたおもちゃである。

 

そんなファービーが道祖神(石碑や石像として道端に祀られる神様)になっているとはどういう意味でしょうか??

その画像を見てみよう↓↓

ブロックの上にコケが生えた黒い謎の正体は、、、

ファービーであった( ゚Д゚)

いったいいつからそこにいたのか、何故ここにいるのか、、、

謎は深まるばかりである、、、

かつては一世を風靡したおもちゃだけに気になるし、なんだかかわいそう。

この写真はツイッターのつぶやきは、2020年5月8日に投稿したところ、11日夜時点で4万7000件のリツイートを集めるなど大きな反響を呼んでいる。

 

このファービーの変わり果てた姿に、ツイッターでは、こんなコメントが寄せられた↓↓

「これがトトロですか」

「たぶん電池なくても話だすねこの子たぶん。」

「ラピュタの苔生した園丁ロボットやんけ!」

反応を見るのも面白いですね~

今後このファービーがどうなっていくのか、その行く末が気になってたまらない、、、

10年後、まだこの場所にあったら、是非投稿してほしい(^^)/

それまで、みんなで覚えておこう~

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)

関連記事

この記事へのコメントはありません。